08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

マクロビオティックシェフの西邨マユミ(ソロモン流)

2011.04.23 (Sat)

ソロモン流で、マクロビが紹介されます。

<番組の内容>

世界の歌姫マドンナのプライベートシェフとしてマクロビオティックを
世界的に注目させた西邨マユミ。

マクロビオティックとは、生活風土や環境に合わせた料理や
食材を中心とした食事法の事で、日本では、玄米やひじき、
梅など昔から食べられてきた物を中心とした料理をとること。

その大切さを広めるため様々な分野で活躍している彼女に密着。
新たなメニューを生み出すライフスタイルと食の秘訣を公開します。


自宅でできる簡単レシピも紹介されます。







マクロビレシピは、こちらも参考になります。
↓ ↓ ↓
マクロビ教室 富川浩一のマクロビオティック料理教室




よろしければ応援ヨロシクお願いします。
さくらノコの元気の源です。
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
05:44  |  西邨マユミ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

定番の玄米ご飯

2011.04.12 (Tue)

定番の玄米ご飯


定番:玄米ご飯です。

炊くのが難しいイメージですが、炊飯器に玄米機能があれば、とっても簡単♪


白米の時よりも、お水を多く(玄米の目盛どおりに)して、玄米モードにするだけ。

後は、白米よりも時間がかかるけど、ふっくら美味しい玄米ができるよう、
炊飯器くんにがんばってもらいました。



もちもちっとした食感と、プチプチっとした食感があって、楽しいです。

自然と咀嚼回数も増え、とっても健康的です。



梅干しなどの漬物を添えると、good!


玄米を毎回炊くのは面倒なので、朝食や一人の昼食用に、多めに炊いて、
1食分ずつラップに包んで冷凍保存しておくと、便利ですよ♪

CIMG1241.jpg

マクロビレシピは、こちらを参考にしています。
↓ ↓ ↓
マクロビ教室 富川浩一のマクロビオティック料理教室




よろしければ応援ヨロシクお願いします。
さくらノコの元気の源です。
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
23:47  |  マクロビレシピ  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

意外に実践できてた?マクロビ(その5)野菜のアクは栄養の一部

2011.04.07 (Thu)

意外に実践できてた?マクロビ(その5)野菜のアクは栄養の一部


その5
野菜のアクは栄養の一部


肉などのアクは、口触りが悪くなるので、取り除きますが、
野菜から出たアクは、そんなに気にならないので、
栄養の一部だと思って、そのまま調理することが多いです。


こうやって考えると、全てを実践することは難しいですが、


自分の出来る範囲で取り入れることは、
さほど難しくないことが分かります。


今回、マクロビについていろいろ調べたので、
これから、マクロビを意識して、食事を作っていきます。


マクロビ、生活のはじまり、はじまり~♪


よろしければ応援ヨロシクお願いします。
さくらノコの元気の源です。
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
23:31  |  マクロビの実践  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

意外に実践できてた?マクロビ(その4)皮や茎は栄養たっぷり

2011.04.06 (Wed)

意外に実践できてた?マクロビ(その4)皮や茎は栄養たっぷり


その4
実は栄養が詰まっている皮や茎


大根やニンジンの皮、ブロッコリーの茎など、
以前なら捨てる人が多かった部分も、

最近は、栄養が詰まっていて、食べられることが
メディアなどでも取りざたされています。


「捨てるともったいない・・・・」という気持ちと、

「栄養がある部分は、食べたい」という気持ちから、


野菜を調理する時は、今までも出来る限り、
可食部分が多くなるよう、皮や茎も工夫して味付けし
食べるようにしていました。


たとえば、
大根の皮は、厚めにむいて、きんぴらにするとおいしいです。

また、
にんじんは、皮のすぐ内側に栄養が集まっているので、
皮をむかずに、食しています。


にんじんは、調理前に、ラップでくるんで、
レンジ加熱を1分ほどするだけで、驚くほど甘味が増します。
(にんじんの青臭さが消えるといった感じでしょうか。)

ぜひ、お試しくださいね




マクロビのことをもっと知りたい方は、こちらが参考になります。



よろしければ応援ヨロシクお願いします。
さくらノコの元気の源です。
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

23:18  |  マクロビの実践  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

意外に実践できてた?マクロビ(その3)野菜の甘み

2011.04.04 (Mon)

意外に実践できてた?マクロビ(その3)野菜の甘み

その3
砂糖を使用しない。
甘味は米飴・甘酒・甜菜糖・メープルシロップなどで代用


自分でお菓子作りをしてみると、市販品の砂糖の使用量の多さに気づきます。

普段、何気なく食べているものの中に、
すでに大量に砂糖が使われている可能性も高いので、
調理をする時には、

できるだけ砂糖を使用するのを控えるようにしています。


野菜本来の甘みを活かせるよう、
調理法を考えたり、味付けを濃くしないよう、気をつけています。


たとえば、こんな感じです。

ある日の夕食
↓↓↓
CIMG1242.jpg
作ってみると、野菜の色どりで、結構華やかな食卓になりました。


他にも、いろいろんな工夫ができそうです。
↓↓↓



よろしければ応援ヨロシクお願いします
さくらノコの元気の源です♪
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

22:14  |  マクロビの実践  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。