10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

育ち盛りの子どもにマクロビを!

2011.03.30 (Wed)

育ち盛りの子どもにマクロビを!

前回の記事で、マクロビの大まかな特徴が分かりました。

  ⇒前回の記事 『マクロビ、始めました!


そこで、調べたマクロビの特徴と普段からの我が家の食生活を比較してみました。


まず、気になったのは、
 魚や肉などのタンパク質・卵・乳製品を取らないこと。


これは、成長過程の子どもがいる我が家では、考えにくいことでした。

普段、偏った食生活をする大人や、脂肪やカロリー摂取の多い食事をしている人には、
効果的な考え方なのかもしれませんが、
子どもにそのままあてはめるには、抵抗があります。


子どもは、肉や牛乳が大好きです。
それを食べたり、飲んだりさせないなんて、ありえませんよね。

タンパク質は、豆や豆腐などから摂ることも可能ですが、
育ち盛りの子どもにとって、物足りないでしょう。

折角、食べることに興味を持ち始めたというところなのに。



なので、子どもの事も考えて、肉や魚、卵や乳製品を取ったとしても
過剰摂取しないようにすることを、心がけをすることにしました。



我が家にあった、自分なりのボーダーラインができあがったところで
改めてマクロビについて読み返してみると、、、、、、


意外と実践していること、
心がけていること


が、多いことに気づきました。

⇒次の記事に続きます 『』



よろしければ応援ヨロシクお願いします
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
23:55  |  マクロビとは?  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マクロビ、はじめました!

2011.03.29 (Tue)

マクロビ、はじめました!

マクロビという言葉を聞いたことはありますか?
私は、10年ほど前から、耳にするようになりました。

では、マクロビとは、一体どんなものなのでしょう・・・?

私のイメージでは、

「健康食」

「玄米」

「茶色い食卓」


といったものでした。

玄米や雑穀ごはんは、もともと、私自身は好きでしたが、主人は、あまり興味がなかったので、
家で作るのも、白米に雑穀を混ぜる程度でした。

でも、最近になって、主人も健康を気遣うようになり、マクロビという言葉が気になり始めたようです。

そこで、思い切って、マクロビとは・・・、と調べてみることにしました。


マクロビとは・・・

正式名称を「マクロビオティック」と言い、食生活法・食事療法の一種です。この名称は、「長寿法」を意味するそうです。

このマクロビオティックの歴史は意外と古く、第二次世界大戦前後に食文化研究家の桜沢如一が考案しました。


<特徴>
玄米や雑穀、全竜分の小麦製品などを主食とし、野菜や漬物、乾物などを副食とすることを基本としています。

他には、以下のような特徴が挙げられます。

•野菜、穀物、豆類などの農産物、海草類を食べる。有機農産物や自然農法による食品が望ましい。
•なるべく近隣の地域で収穫された、季節ごとの食べものを食べるのが望ましい。
•砂糖を使用しない。甘味は米飴・甘酒・甜菜糖・メープルシロップなどで代用する。
•鰹節や煮干しなど魚の出汁、うま味調味料は使用しない。出汁としては、主に昆布や椎茸を用いる。
•なるべく天然由来の食品添加物を用いる。塩はにがりを含んだ自然塩を用いる。
•肉類や卵、乳製品は用いない。ただし、卵は病気回復に使用する場合もある。
•厳格性を追求しない場合には、白身の魚や、人の手で捕れる程度の小魚は、少量は食べてよいとする場合もある。
•皮や根も捨てずに用いて、一つの食品は丸ごと摂取することが望ましい。
•食品のアクも取り除かない。


(参考文献:ウィキペディア)


マクロビの大まかな特徴が分かりました。


マクロビのレシピもいろいろあるようです。
美味しくて、健康だなんて、得した気分ですね♪
↓ ↓ ↓



よろしければ応援ヨロシクお願いします
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
23:10  |  マクロビとは?  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。