05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

マクロビ、はじめました!

2011.03.29 (Tue)

マクロビ、はじめました!

マクロビという言葉を聞いたことはありますか?
私は、10年ほど前から、耳にするようになりました。

では、マクロビとは、一体どんなものなのでしょう・・・?

私のイメージでは、

「健康食」

「玄米」

「茶色い食卓」


といったものでした。

玄米や雑穀ごはんは、もともと、私自身は好きでしたが、主人は、あまり興味がなかったので、
家で作るのも、白米に雑穀を混ぜる程度でした。

でも、最近になって、主人も健康を気遣うようになり、マクロビという言葉が気になり始めたようです。

そこで、思い切って、マクロビとは・・・、と調べてみることにしました。


マクロビとは・・・

正式名称を「マクロビオティック」と言い、食生活法・食事療法の一種です。この名称は、「長寿法」を意味するそうです。

このマクロビオティックの歴史は意外と古く、第二次世界大戦前後に食文化研究家の桜沢如一が考案しました。


<特徴>
玄米や雑穀、全竜分の小麦製品などを主食とし、野菜や漬物、乾物などを副食とすることを基本としています。

他には、以下のような特徴が挙げられます。

•野菜、穀物、豆類などの農産物、海草類を食べる。有機農産物や自然農法による食品が望ましい。
•なるべく近隣の地域で収穫された、季節ごとの食べものを食べるのが望ましい。
•砂糖を使用しない。甘味は米飴・甘酒・甜菜糖・メープルシロップなどで代用する。
•鰹節や煮干しなど魚の出汁、うま味調味料は使用しない。出汁としては、主に昆布や椎茸を用いる。
•なるべく天然由来の食品添加物を用いる。塩はにがりを含んだ自然塩を用いる。
•肉類や卵、乳製品は用いない。ただし、卵は病気回復に使用する場合もある。
•厳格性を追求しない場合には、白身の魚や、人の手で捕れる程度の小魚は、少量は食べてよいとする場合もある。
•皮や根も捨てずに用いて、一つの食品は丸ごと摂取することが望ましい。
•食品のアクも取り除かない。


(参考文献:ウィキペディア)


マクロビの大まかな特徴が分かりました。


マクロビのレシピもいろいろあるようです。
美味しくて、健康だなんて、得した気分ですね♪
↓ ↓ ↓



よろしければ応援ヨロシクお願いします
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
23:10  |  マクロビとは?  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cooking0316.blog65.fc2.com/tb.php/3-0b76400a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。